Sponsored Links

陸上 日本学生個人選手権第2日

 

日本人ではじめての9秒94を叩き出したのは

 

関西学院に通う20歳の多田修平でした。

 

ついに日本人に9秒台が出てきたというニュースだけでもすごいのに、

 

「イケメン」ですw嫉妬します!!

 

そんた多田くんは速さを追い求めるための研究と努力を惜しまない

 

好青年なんですが、その速さとは真逆の趣味をもっていました。

 

速く走るための秘訣

そんな多田修平君の速さの秘訣と

 

東京五輪のメダル候補として確実とまで言われている彼のこだわりはスタートダッシュ

 

普通なら太ももを大きく上げてスタートするのが一般的ですが、

 

多田君はいかに一歩目を速く出すかというとこに速さ秘訣を見出し

 

太ももを上げずにコンパクトに走るスタイルをとっています。

 

そしてもう一つ走り始めるときの角度を重要視しています。

 

彼は小さく頭を下げてスタートしてしまうので「できるのあれば45度くらいの

 

角度でスタートしたい」ということ。

 

重心のバランスをいかに適切にとってスタートするかということなんですね。

 

 

日本最速の男の重心移動を見た優勝者のジャスティン・ガトリンがそのスタートを

Sponsored Links

 

賞賛していたのもわかりますね。

 

日本人最速の男は自分の課題を客観的に見ることができる爽やかイケメンです(嫉妬しますw)

 

これからの多田修平に注目ですね。

 

日本最速の男の趣味

日本で誰よりも速く走り抜ける男はどんな趣味をもっているのかと思ったらなんと!

 

一眼レフカメラで風景を撮影するというちょっと意外なものでした。

 

だってもっとアクティブに動きまくっているのかなーって思っていたんですが、

 

そうじゃなかったんですね。

 

しかしその理由が彼らしいというか納得というか…

 

その理由は

 

「練習がハード過ぎてしんどいのでアクティブな趣味はちょっと無理」とのこと

 

すごく納得w

 

しかしそれだけハードな練習のあとに外出して写真をとりにいくだけでも

 

結構すごいような気がします。

 

日本人の誰よりも速く走る男の趣味が静止画である風景写真の撮影っていうのちょっと面白いですね

 

ひょっとして走っているときの風景があっという間に過ぎ去ってしまうので

 

その反動で止まっているキレイな風景写真に魅了されたのかもしれませんね。

 

多田修平くん頑張ってくれー!!

 

メダル楽しみにしているよー