Sponsored Links

世界3大バレエコンクールの一つそのなかでも

最難関と言われるモスクワ国際バレエコンクール「モスクワ国際バレエコンクール」で

シニア部門男性の部で大川航矢さん(25)金メダルを取りました。

 

〈モスクワ国際バレエコンクール〉とは
4年に1度開かれ、米国のジャクソン国際やブルガリアのバルナ国際とともに
世界的権威のあるバレエコンクールとして知られる。

1969年に始まり、旧ソ連圏を中心に
著名ダンサーを輩出してきた。ジュニア(14~18歳)とシニア(19~27歳)、
振り付けの3部門で賞が競われる。

 

全体の最高賞にあたる「グランプリ」は該当なしだったのですが、

日本人のシニア部門での金賞受賞は、1993年の岩田守弘さん(元ボリショイ・バレエ所属)以来2人目の快挙

本当に素晴らしいことです。

大川航矢さんとはどんな方なのでしょうか?

大川航矢

1992年生まれ

2歳から中学3年の1学期まで桜庭さんが主宰する同市内の「アカネバレエ教室」に通う

2007年~2011年の間
モスクワ国立舞踊アカデミー(ボリショイ・バレエ学校)
への留学

卒業後はウクライナ南部のオデッサ国立歌劇場に
在籍、2014年に移籍。

現在はタタールスタン国立カザン歌劇場バレエ団
所属 ソリストを務める

 

詳しい生年月日まではわからなかったのですが、

どこの教室に通っていたか気になる人は多いと思います。

経歴

2009年モスクワ国際バレエコンクールジュニアソロの部で第三位受賞

2012年ペルミ国際バレエコンクール、ソチ国際バレエコンクールシニアデュエットの部で第一位受賞

 

他にもありそうですが、素晴らしい経歴の持ち主ですね。

Sponsored Links

 

身長

詳しい身長はわかっていませんが、

今回のコンクールで三位に入賞した寺田翠さんとの比較してみると

20cmくらい大川航矢さんの方が高そうです。

 

日本人の平均身長が167cmくらいなので、その前後5cmかもしれません。

彼女は?

寺田翠さんと仲が良い感じがありますが、

こちらは完全に戦友といったところだと思います。

彼女の存在が公に出て来ればまた加筆したいと思いますが、

おそらく今は女性の心を射止めている暇はないと思いますね。

コンクール動画

今回のコンクール動画です。2時間13分から大川さんが登場します。

素晴らしい筋肉に素晴らしい跳躍力で会場を沸かしています。

http://www.medici.tv/en/ballets/moscowballetcompetition-seniors-round3/

さいごに

凱旋帰国ですね。大川さんのジャンプは一度見てみたいです。

日本人が外国で活躍するニュースは見ていて気持ちいがいいですね。

これからの大川さんの活躍に期待です!

 

加筆

大川航矢さんの恩師である桜庭茜根(あかね)さんは「本人の努力が報われてうれしい」と祝福したとのこと

やっぱり教え子の活躍が何よりうれしいですね。

桜庭茜根さんにとってもステキなニュースとなりましたね。